羽の窓埋め修理

稽古していると、矢所が重なり羽を射抜いてしまうことがあります。

ガックリしてしまいますが、状態によっては簡単に直すことができます。

同一の種類の、同じような肉厚・軸幅の羽を選んではめ込みます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です