竹取り 10回目

今回の竹取りは寒さに凍える中の山掃除となりました。

良いものを採取するより蔦や雑木・古い竹や枯れた竹を排除するのに労力を費やしました。来シーズン以降、良い竹が生えてくることを願って…

 

こちら、掃除する前の状態です。

折れて倒れかかっている木の幹と、それに絡まる蔦(木の幹と同じくらいの太さがあるとても立派なものでした)、木の重さに負けて湾曲した古い竹…  これらが複雑に絡まり合い、大変な状態になっています。手ノコや鎌、枝切りハサミで分解するように切り離し、取り除いていきます。

掃除後の状態です。ここまでやるのに30分以上かかりました。広い竹薮の中のたった一箇所で…

かなりてこずってこれだけ処理できました。

 

そして前回に続き、またしても何かの巣穴を発見。主はいなかったのですが、山は生き物の気配で満ち満ちています。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です