竹矢の筈入れ

竹矢に角筈を入れる工程なのですが、アルミ矢やカーボン矢と異なり篦を少し加工する必要があります。

小刀で篦の内側を少しだけ削り、角筈にフィットするようにします。

上の写真(右側)のように、角筈は篦の中に入る部分にテーパーがかかっています。この角度に合うよう竹を削るのです。

こちらは未加工のもの。

 

こちらは加工後。少し広がっているのがわかるでしょうか。

 

筈を入れる際には接着剤が必要です。

竹矢に無理矢理アルミ矢用の筈を入れてしまってマズい状態になった矢の修理を預かることがありますが、アルミ矢用の筈が入るほど篦を広く削ってしまうと取り返しがつかない事になるのでご注意下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です