荒矯め(あらだめ)

今日は朝から練炭を起こして、荒矯めです。

荒矯めとは、半年~一年乾かした竹を初めて矯正する工程です。

歪んでぐねぐねの状態から、そこそこまっすぐのレベルまで矯めます。

 

 

しかし、やはり物事には限界というものがありまして…

あまりにも曲がりがキツい竹や、コシの無い弱い竹は、折れたりへこんだりします。

 

そして、高温の火で炙ったために破裂してしまうものや、そもそも初めから亀裂があるものなど…

これもまた、ロスです。

本当に参ります。

 

 

上の写真は無事荒矯めできたもの、下の写真はすべてロスです。

使えない竹のなんと多いことか…

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です