矯(た)め

矯めとは、竹を矯正することです。

一枚目の写真は、山で採取して乾燥させただけの未加工の状態です。
二枚目の写真で、荒矯め完了したものです。
最後の写真は完成品です。

製品になるまでたくさんの工程がありますが、最初の歪んだ状態から4ツ矢や6ツ矢の完成品まで仕上げるのは大変な作業です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です